Return to site

魔法少女まどか☆マギカ2営業事例について配信しました

各店舗で色々な路線が確認できております。

〜店舗A〜

▼ 24%〜200% 初代まどマギの台数を種別によって調整している点

▼ 各種別に新台導入を行なっても20スロ導入台数は地域一番を押さえている点

▼ 20スロでは準新台、5スロでは昔の機種だが版権シナジー。相乗効果を出す機種を絞っている点

▼ 導入台数でも地域一番、低貸し部門導入でも地域唯一を押さえている点

〜店舗B〜

▼ 新台のまどマギ2ではなく、版権にフォーカスをずらす 機械→版権

▼ その為に「魔法少女まどか☆マギカ専門のフロア」を作りジャックする 特化

▼ 魔法少女まどか☆マギカの販促ボリュームを高め、台数のマイナスをカバー 視覚効果

〜店舗C〜

▼ 新台のまどマギ2は(競合と比較すれば)非常に少ない。

▼ しかし「まどマギ2にマーケットがフォーカス」する時期は逃せない。

▼ 約1ヶ月前、2016年8月8日に初代まどマギを大幅増台。

▼ 増台の初代まどマギでお盆商戦+9月の新台まどマギ2商戦を戦う。

〜店舗C〜

▼ 該当店舗、まどマギ2導入台数少ない+アニメ系のブランドイメージも少ない。

▼ 魔法少女まどか☆マギカの版権ではなく、ユニバカで打ち出し。

▼ 新台まどマギ2の背中はバジ絆。いずれも高い稼働率。

▼ 初代まどマギは一応隣の島に配置、巡回は狙う。

魔法少女まどか☆マギカに限らずの営業事例となりました。

1ヶ月以上前に初代を増台して…などの運用方法などもピックアップ。

ぜひ、皆様の営業にお役立てくださいませ。

資料のご請求はお気軽にどうぞ。

資料の請求はhttp://pmj.strikingly.com/#_7から

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly